美手【Vitsyu】ヴィッシュが学べる整体技術の公式サイト

ヴィッシュに関するお問い合わせは0120744420

痛みを取る 笑顔を取り戻す 治す力を飛躍的にMAXへ ⇒⇒⇒ 美手【vitsyu】ヴィッシュ


美手【Vitsyu】ヴィッシュとは

美手【Vitysu】ヴィッシュ > 腰痛はどうして起こるの?

腰痛はどうして起こるの?

二足歩行の人間に宿命づけられた腰痛

人間の背骨(脊柱:セキチュウ)は24個の骨(椎骨:ツイコツ)が積み木のように積み重ねられたような構造をしています。
骨と骨の間は椎間板(ツイカンバン)という軟骨(ナンコツ)組織があり、歩行時に足元から伝わる衝撃を吸収し、頭部を守る役割を果たしているといわれています。

また、背骨は柱のようにまっすぐなものではなく、上体を前に曲げたり、後ろに反らせたり、横に倒したり、ひねったりという動きに対応するため、S字形のカーブを形成しています。

このように背骨には上体の重みを支えるだけでなく、衝撃から頭部を守り、様々な動きに対応する役割があります。
そして、背骨とともにその周辺にある筋肉や靭帯といった軟部組織もまた、上体を支え、自在な動きを可能にしています。


腰の痛みの原因

腰痛の原因として大きく分けて、2つのことが考えられます。
1つめは身体的原因、2つめは心因的原因です。

1つめの身体的原因とは、骨や椎間板の老化、筋力の低下、内臓の病気などが考えられます。

骨や椎間板の老化が進むと、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症(セキチュウカンキョウサクショウ)など神経の圧迫を伴う変形が起こりやすくなったりするほか、筋力が低下してくると、ちょっとした動きで腰に激痛が走ったり、疲労や肥満を引き金にして慢性的な痛みになることもあります。

内臓の病気は一見、腰痛とは無関係に思われがちですが、病気のサインとして見逃してはならないものの1つです。慢性的に痛みが続くようであれば、一度病院において精密検査を受ける必要があります。


2つめの心因的原因とは、不安や心配事、ストレスが重なると痛みとなって体に現れることもあります。これも大切な体からのサインといえます。


痛みが出ないようにするためには…

身体面だけでなく、精神面との両面から対処していくことが大切です。

日頃から適度な運動を心がけて筋力の低下を防ぎ、栄養バランスの取れた食事を摂って骨や椎間板の老化を遅らせ、しっかりと休息をとり体に疲れを溜めないということがポイントになります。

またストレスなどを感じたら、それを溜め込まないよう趣味やスポーツを通して上手に発散してやることも必要です。

それでも痛みが出てしまったときは、我慢して痛みが治まるのを待つのではなく、慢性化させないためにも早めのケアを心がけるようにしてください。


このページの先頭へ